新車NAVI 新車が安く買える時期とは?

最も安く買える時期は、3月の決算月です。 その次に安く買えるのは、9月の中間決算月になります。 年間を通じて最も売れるのは3月期で、最も台数が出る時期と言う事で、販売店側も値引き額をアップさせてセールや、キャンペーンを打ちます。 3月の決算セールは2月〜3月に。9月の中間決算セールは8月〜9月に、キャンペーンを実施する販売店がほとんどです。

 3月本決算期に値引き額が特にアップする理由とは?
メーカーは少しでも良い業績を残そうと、売上高のピークを3月期に持っていくように努力します。 よって、各自販売目標を決めて、傘下の販売店に過大なノルマを課します。 しかし、ノルマだけではなく、販売店側に支援金を販売店にばらまきます。 販売店は、その支援金を使ってキャンペーンやサービスの開催費にあてます。 もちろん、支援金の一部は値引きアップのためにも使われます。 これが通常期よりも、決算期の方が値引きが大きくなる理由です。

 3月期の決算に安く買うための交渉計画!

では、いつまでに契約すれば決算期の大幅値引きの恩恵を受けられるのかです。

よく、勘違いされるのですが、売り上げ成績となるのはクルマを登録した日であって、販売した日付ではありません。 よって、営業さんは3月末までの登録をしたがるわけです。

軽自動車・普通自動車、またはクルマの種類にもよりますが、3/20〜3/21あたりでの契約が大幅値引きで購入できるラストチャンスだと思います。 年度末決算期は2月上旬〜3/21に値引き交渉して、好条件が引き出せたらハンコを押しても構わないでしょう。 また、決算シーズンは値引きだけではありません。

その他にも色々な販売攻勢をかけており、ローンの金利を下げたり、オプションのサービス、ご契約の方には○○をプレゼント等、大盤振る舞いです。 決算キャンペーンはおよそ2月上旬からスタートして、3月末まで実施されます。 よって、特に購入する時期に希望が無い場合は 3月決算期まで待ってみるのがベストだと思いますね。

逆に3月を過ぎたら? どうなりますか?
3月の絶好機を過ぎて4〜5月になると、とたんに値引きが少なくなります。 年間を通じても最も値引きが減少する時期になります。 よって4〜5月は、新車を買うには不向きな時期と判断しても良いですね。 なぜなのか?  というのは、4月は年間を通じて最もクルマが売れるシーズンの後で、ディーラー、セールスマン共に一息入っています。

また、製造メーカーからの報奨金がもらえないというのが、値引きが少なくなる一番の理由でしょう。 よって、4〜5月は我慢して、もう少し時期を後にずらして夏期のボーナスキャンペーン(7月)まで待つのが得策だと思います。

その他関連情報
  新車の買える時期
  2012年度の月別販売台数

Copyright (C) 2013  新車NAVI.jp  All Rights Reserved.