ホンダの新車をお得に買える( 残クレ )編

この頁では、ホンダの新車の新しい購入方法の残クレをご紹介します。

メーカーにより、残価設定型ローン、残価設定型クレジット、据え置き型ローンなど、名称はざまざまです。 Suzukiでは、かえるプラン、ダイハツでは、ワンダフルクレジットと呼んでいます。 ホンダでは残価設定型クレジットを略して、"残クレ"としています。 ただサービス名は違えどサービス内容は基本的にほぼ同じです。

それでは、サービスの特徴などについて詳しくご紹介していきます。

@ 残クレの基本
残クレとは、毎月の支払いを出来る限り抑えるために3年後、または5年後などの価値をあらかじめ決定します。 その分の支払いを最後にするか、車をホンダへ返却することで支払いがチャラになるローンです。

また最後の支払いがきつい場合でも車自体は気に入ったので乗り続けたい! そのような場合でも残った分に対して再度ローンを組むことができますで、 ユーザーの状況に応じて選択肢が設けられています。

A 残クレの注意点
3年後、5年後などの車両の価値は、走行距離、ボディのキズの有無やへこみなど一定の条件があります。 もちろん全損の事故を起こしてしまった場合は返却できません。 よって、設定された価値は100%保証というわけではないという事です。 条件を満たしていない部分に対しては、マイナスとなります。

ただ、かなり距離を走るというユーザー、運転があまりにも下手というユーザーでなければ、いうほど厳しい条件ではありません。

残クレの上手な使い方とは?

私は、特に不人気車の購入時に"残クレ"が威力を発揮すると思っています。 結局は購入時に3年後、または5年後の買取価格がハンコを押した時点で決まるわけです。

 普通に購入して5年後に売却した場合

人気車種を300万円で購入したトヨタさんは、5年後に150万円で売却。
不人気車を300万円で購入したホンダさんは、5年後に100万円で売却。

明らかにホンダさんは損しています。 でも、残クレを使って5年後の残価率50%なら不人気車でも5年後は150万円なわけです。 不人気車なのに残価50%という設定に無理はないのか? そう感じられた人もいらっしゃるでしょうが、この車は不人気なので残価率は20%です!ということはありません。

人気車種と比較すると若干低くなる可能性は否定できませんが、ディーラーのほうから、この車種は不人気なので・・・・という事は言えません。

絶対に損をしないための購入方法

 かんたん車ガイド一括査定サイトはこちら

  一括査定会社 代表例

Copyright (C) 2013  新車NAVI.jp  All Rights Reserved.