今買うべき軽自動車はどのクルマ?

今、自動車の総販売台数に占める軽自動車のシェアがとういう40%を越えようとしています。 2003年にはまだ、28%程度でしたが、それから、たった10年くらいで勢力を広げてきたことには驚きです。 また、シェア50%を超えている都道府県はなんと8つにものぼります。

今、日本でのユーザーでの目は、軽自動車に向いてきています。 時代は明らかに変わってきています。

仕方なく軽自動車を選ぶというよりは、軽自動車で十分、むしろ、積極的に軽自動車が良いと思っている人が かなり増えています。

もちろん、軽自動車の商品力が確実にアップしているという事実もあります。

市場が拡大して売れるとなれば、ますます開発には力が入ります。

今の軽の勢力図を見てみると激しいシェア争いを繰り広げているのがダイハツとスズキです。 しかしながら、Nシリーズの大ヒットで、ホンダが急速に割り込んできています。

準トールタイプ  最も売れる軽自動車の激戦区です。

長年に渡って軽自動車の主力であり続けているのが、準トールタイプです。新しい技術がどんどん投入されて
いる激戦区です。 続きを読む

トールタイプ

セミトールタイプの軽自動車では、軽自動車でも広い室内空間を実現してきました。 そうなれば、もっともっとというユーザーの要望が出てきます。続きを読む

セダンタイプ

軽自動車と言えば、以前は全高1550mm以下のハッチバックボディが主流でした。 このセダンタイプを代表するモデルと言えば、ダイハツミラとスズキアルトです。続きを読む

3年後の軽自動車のリセールバリュー

サイト運営者は、クルマを買う時は、必ず3年後のリセールバリューを調べて参考にするようにしています。
特に、どっちにしようか迷っている場合があると思います。その時は3年後のリセールバリューが高いクルマを買う事にしています。

最新の軽自動車のリセールバリューをご紹介します。 続きを読む

Copyright (C) 2013  新車NAVI.jp  All Rights Reserved.